仮想通貨

ビットコイン ガチホで10年後はどうなっているのか?価格予想

ビットコイン ガチホで10年後はどうなっているのか?価格予想

ビットコインをそのまま保有していると10年後はどうなるのであろう。

ビットコインについて将来を見据えた投資をしているかと思いますが、10年後もガチホールドしていたらどうなるのかについてまとめていきます。

そこで、結論からいっておくならば、今後の見通しとして上がるのかどうかすらわかっておらず、参入するのであれば、デジタル資産だと思って購入するのが良いかもしれませんね。

どっちに転んだとしても、仮想通貨は投資になりますので余剰資金がある前提か、あるいは余剰資金の範囲内にて取り組むのが良いかもしれません。

初心者必見!NFT、仮想通貨を始めるなら国内の取引所を開設する必要があります。

コインチェックなら利用者も多いですので、安全に利用することができます。時にはお得なキャンペーンもやっていたり、他の仮想通貨も購入できるのでとても便利!

時間がかかるので初めての方は予め口座を作りイーサリアムを購入しておきましょう!

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

 

ビットコイン ガチホで10年後はどうなっているのか?価格予想

果たして10年後のビットコインの世界は一体どんな風になっているのでしょうか。

過去の実績を元に考えていきましょう。

 

税金についてはどうなるのか?

今現在ではいろんな税金を含めると大体50%程取られてしまいます。もはやサラリーマンの税金堂々であるか、あるいは高すぎるという話も出ていますね。

それに対して日本は海外と税制度が異なっておりますのでゆくゆくは利益から20%になるのが妥当じゃないかと思っています。

10年後もガチホールドできる精神力やメンタルがあったとしても税金についてはよく考えていかなくてはなりません。

 

2009年の時のビットコイン

その昔ビットコインは2009年辺りから登場しています。

サトシナカモトというネーミングから初めて認知されていきましたので、当時から投資環境にあった人はとても懐かしい気分になることでしょう。

この時点でのビットコインの価格については0.07円でした。

2022年から考えると数百倍以上にも上がっていることになります。

 

2011年頃からのビットコイン

初期の段階では0.07円でしたがそこから着々と上昇することになり、いつのまにか1000円から2000円になっています。

たった三年くらいホールド所持しているだけで爆益だったに違いありません。

しかし、購入したあとの取引でも税金から約半分近く取られてしまうので仮に1億円稼いだとしても実質5000万円程になってしまうのが悲しいところです。

何よりも税金が高すぎてびっくりしますよ。

 

 

2013年のビットコインについて。

2013年になっても認知が高まっており、投資をする人も増えていきます。

さらに価格も上がっていき、気づいたら10万円を越えていることになります。

0.0円時代から欲張らずに投資継続していた方はかなりの利益を得たのではないでしょうか。革命なる暗号通貨に相応しいことでしょう。

昔買ってたらえらい金額になるのはいうまでもありませんね。

2013年から始めた人も多い印象です。

 

 

 

2016年頃のビットコインについて。

2016年では上昇することもありましたがハッキングの事件もあったのか下落暴落相場がありました。

この時点で撤退している人もいるでしょうし、そのまま将来性を見越してひたすらガチホしていた人もいるでしょう。

まさに強靭なメンタルを所持していないと簡単に退場してしまう相場です。

ここで損失を得たとしても利益にはならないし、税金もあったりするしで、ある意味驚異的な相場なのではないでしょうか。

こんだけ激しい値動きでも何事もなく冷静にホールドしていた人はおめでとうございますとしか言いようがありません。

2016年近辺で購入した人達は高値掴みをしていることになる現状ですが後から更なる暴騰を見せていきます。

 

2018年頃のビットコインについて

2018年近辺になりますと、多少の上下さを経験しながらもビットコインが200万300万円へと上がっていきます。

数年前から仕込んでいた人でも5倍から10倍になったのではないでしょうか。

ビットコインによる不安定なニュースがありながらも明るいニュースがあったために上昇していったのだと考えられます。

また、いろんなところと提携していったり取扱いになる取引所も増えていった為でもあるでしょう。

 

1ビットコイン10億円になる可能性はあるのかどうか?

今は500万円程度もしくはそれ以上に下がっておりますが、ビットコインバブルはもうお腹っ一杯レベルで上がり尽くした状況であるとも言えます

それでも投資家からすると、まだまだあがるような意見もありますし、じわじわ上がっていく可能性だって見つけられます。

今後の詳細、または将来的な観点で見たとしても、ビットコインさえ上げっていけば他のアルトコインも同様に押し上げられていくと考えられます。ってことは、財産的な価値の部分でもより、上昇していく物やら材料が出てくる限りビットコインは目覚ましい上昇を繰り返していくのかもしれません。

これについてはあくまでも予測でしかありませんが、日常生活をする上でも取引所が盛んになり、より活発化することで成長力を見せつける可能性があるということです。

ビットコインは仮想通貨を知らない人からしたら怪しいとか、胡散臭いと思われていますし、まだまだ普及していない場所もあります。また、年代や世代によっては投資は危ないという印象をくくりつけてしまいバカにしてくる人もいるでしょう。なので正解は基本的にないと思っていいかもしれません。その代わり保有している人は新しいものに乗っかっているとか時代の新規フェーズとして入っているのは間違いないでしょう。

今仕込みをするべきかどうかは反発を確認した上で行う必要もでてきます。

 

 

 

ビットコインでの特徴について。

現段階にてわかっているビットコインでの材料とか特徴について。

過去に一番最初として登場している仮想通貨であり暗号通貨でもある。

ブロックチェーン技術力は確かながらビットコインは他のアルトコインよりも認知度が高まっているのと、もはや今では定番化している仮想通貨であること。

個人内空間にてお手軽に取引がしやすくなっている、

そのまま直接送金できる仕組みになっているのも魅力的。勿論デジタル決済にて。

ビットコインでの取扱いしている場所が世界的にみてもかなり豊富であること。

日本国内でも有名になってきており、実際にお店やショップでも使えるお店が増えてきていること。

手数料につきましても銀行と比べ、比較したとしてもかなり安く済むことが明確である。

なのでなるべくお金を節約したいという人にも最適です。

その他にも企業とかと仲介していくようなシステムが殆んどないため、今よりも格安にて送金ができてしまう。というよりも手数料がかからない前提にて利用できる。

クレジットカードやらキャッシュレス決済も当たり前になりつつあるが、ビットコインならではの送金システムが魅力的であること。

お財布となるのがデジタル中でのウォレットになりますので、セキュリティーの部分でも安心しやすいのと、保存方法がまだ違っていることの有益性もある。

人気が高く初心者から玄人の方まで保有している人がいる。

時価総額はダントツで高いこと。

ビットコインとして初登場してから10年という長い月日が経っていること。

10年の月日が経った今では億り人も多数誕生しており多額の金額の利益を得ている人もいるとのこと。

最初では個人内での保有者が一般的でありましたが徐々に投資家、企業、最終的には国家の方でも保有されていくようになりました。

 

 

そもそもボラリティーが高すぎるのです。価格についての変動幅はあったりするものの、一度保有してからの爽快感と言えば確かなのかもしれません。変動が激しいからこそのビットコイン投資なのかも。

 

何よりもたったの1年後位で2倍とか3倍とかもありますので後で購入しておくべきだったと後悔する人もいるのは言うまでもないでしょう。

 

ビットコインガチホ10年するなら気をつけていくべきこと。

投資に対する知識を身につけておくこと。投資は実際に取引をしながらでもいいですし、一種の体験として持っていれば自然と勉強になっていきます。

値動きにも毎回注意しながらも、投資対象を見極めていきつつ、初回にエントリーした、ポイントは忘れないようにしていき、売り時を取り逃していかないようにしなくてはなりません。

また、値動きにつきましても他の仮想通貨とほとんど連動しているような姿勢を見せていますので暴騰があれば、暴落があるという認識を理解しておく必要があります。

また、チャートやらパターンは決して一つではないってことです。

下がっている相場に入ってしまったら、なるべくリスクヘッジを、しておくとかも必要。あるいは、購入金額を予め下げておき長期的にホールドできるような流れに持っていくのも大事なのかもしれません。

中にはビットコインを5万円から10万円程に投資をした結果いきなり半値になったり三分の1になったりするケースもあるくらいですので決して油断はできないということになります。それこそボラリティーの高さがヤバいので、投資するならより慎重にならないといけないでしょうね。

 

 

ビットコイン ガチホで10年後はどうなっているのか?価格予想のまとめ。

今回の記事ではビットコインガチホールドについての内容でした。

最初に伝えておきますが、いくらビットコインといえども投資ですのでなくなるリスクとか、価格が購入してから下落してしまうことも予想されます。

なので投資につきましては必ず自分自身で判断してもらい、知識を知った上で投資をするようにしましょう。

 

初心者の必見!NFT、仮想通貨を始めるなら国内の取引所を開設する必要があります。

コインチェックなら利用者も多いですので、安全に利用することができます。時にはお得なキャンペーンもやっていたり、他の仮想通貨も購入できるのでとても便利!

時間がかかるので初めての方は予め口座を作りイーサリアムを購入しておきましょう!

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

-仮想通貨