メタバース

MetaMartメタマートとは?登録方法やウォレットについて具体的に解説していきます

MetaMartメタマートとは?登録方法やウォレットについて具体的に解説していきます

メタマートというプラットフォームが存在していますが、疑問になっているのがその登録方法とかウォレットについてわからない人がいることです。

今回の記事ではメタバースに関係しているmetamartによる使い方について初心者向けとしてわかりやすく説明していきたいと思っています。

結論からいうのですが、仮想通貨取引所も必要ですし、使い方さえマスターしておけばそんなに難しくはないでしょう。

この記事をきっかけにNFTについてより理解を深めて頂けたらと思います。

 

ちなみに伝えておきますが、今回のmetamartに限らず、今後もNFTを使っていきたいのであれば仮想通貨取引所の口座開設をしておきましょう。

おすすめについては国内取引所のコインチェックです。

コインチェックでもNFTマーケットを利用することができます。また、国内でもあり、日本語でも対応してるため初心者はここから始めるのも十分ありです。

 

口座開設したら日本円を入金しておき、仮想通貨イーサリアムを買っておけば色んなNFTマーケットにて利用することができるからです。

1000円からでも始められますのでまずは0から1に繋げていきましょう。

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

この記事での内容として

登録していく方法について

アイテム作成をしていく。

出品を行う。

メタマートの購入する方法について。

ウォレットについての説明。

Metamartの特徴については?

クリエイター登録については?

以下具体的に話していきます!

MetaMartとは?登録方法やウォレットについて具体的に解説していきます

単純明確にメタマートという場所がありますが、これって一体どんなものだろうと不思議に思うはずです。

厳密にいうならNFTのマーケットになります。

Nftとしてのデジタル作品を自分の意思にて販売することができるようになっています。

しかも、3dアイテムにて対応しているため、チャンスを逃している人にとっても画期的なプラットフォームになります。

Nftの販売所は探せば幾つかありますが、今回の場合ですと、3dを目的としているところ、あるいは3dに特化した販売所と解釈すると良いでしょう。

これまでになかったようなアイテムやら取引やらが使えるので意外にも重宝している人は多いのではないかと考えられます。

簡単にいうならNFTの販売するための場所になっております。

逆に購入することもできちゃいます。

 

 

 

登録していく方法について

まずはmetamartの公式サイトにて入りましょう。

metamart

 

そしたらサインインする項目がありますのでログインをしていくことになります。

最初にはクリエイターとして会員登録していきましょう。

プロフィールなどの登録情報が終わったら無事にログインできるようになるのでログインしてからマイページへと入っていきます。

 

 

アイテム作成をしていく。

この次にはgreateを選択して、アイテムを作成していきます。

要するには自分の出品していくための場所を作ることになります。

 

出品を行う。

アイテムの選択して終えてしまったら、この後には出品ページを作成しましょう。

出品に、伴う情報とて以下のことを記入していく必要があります。

カテゴリーページ

アイテムの名前

出品していくための画像の選択肢

販売するための取引の数あるいは、販売数について記入

また、出品していくにあたっての商品を説明するページを書いていく。

出品はやることが少しあって面倒かもしれませんが、これを行わないと出品できませんので必ずやるようにしていきましょう。

 

メタマートの購入する方法について。

購入していくには事前に会員登録を済ましておく必要がありますので、まだの方は会員になっていきましょう。会員登録については料金がかかりません。

新規登録を終えてからは、購入したいNFTのページを検索していきます。

別に検索でなくてもカテゴリーページから選んでいけば問題ありません。

そのあとはMATICの仮想通貨を利用するか、あるいはクレジットカードからでも購入が可能です。

クレジットカードにはvisa.jcb、MasterCardから選べます。

クレカの場合ですと後で決済情報がメールにて送られてくるはずですので、確認しておきましょう。

ついでにいっておきますが、クレカでの支払いは時差がかかってしまうことがありますので、長くなる場合は少し待ちましょう。

無事に決済が終わったら通知がいくはずです。

 

ウォレットについての説明。

主にお財布として入れておく場所、保管場所になっています。

必要がある時以外は使うことがないですが、

 

 

Metamartの特徴については?

3dアイテムの販売や購入をすることが可能なプラットフォームであること。

アバターの着せかえができるようになっている→b版なのかどうかは要確認する必要があります。

 

アイテムの詳細を別の角度にて360度の視点から自由に見ることができる。角度変更が可能であること。

購入していったあとは別のプラットフォームやらメタバースの仮想空間にて利用することもできるようになっています。

取引を行うときにおける、ガス代。要するには取引するための手数料はかからないという点があります。

登録をするのは料金がかかりません。登録料金がいらない。

Nftを購入する際にはお金がかかります。

 

クリエイター登録については?

登録方法として出品していくのであればクリエイターとして始めていかなくてはなりません。

クリエイターでの公式登録がありますので、そちらから登録をしておきましょう。

登録がおわった後には登録完了のメールが届きますので見ておきましょう、

 

利用することのメリットについて。

数々のメタバースにて対応してきている。今後も大幅なアップデートが期待されている。

Nft作品を購入できることのよさがある。低価格からの脱却。より価値の出てくる場所にて購入をすることができるもしれないという考え方がある。

ガス代がかからないというのも利点であり、評価点でもある。使いやすいってこと。

登録さえすれば基本的には誰でもサービスを利用することができてしまう。

ここでしか買えなさそうなクリエイター出品アイテムも登場していること。場合によりけりですので自分で覗いてみてください。

3dアイテムNFTが購入できること。演出が豪華なNFTに期待している方にとっては最高の場所になります。

一時期はNFTのキャンペーンもやっていたような感じですが、今現在は終わっていると思われます。こちらについてもよく確認しておいてください。

 

おもなデメリットについて。

まだ始まったばかりのサービスなので、サービスの改善策やら、案がどんどん出てくること。

ですが、デメリットを踏まえたとしても、新しい場所になりますので、期待値が特に大きいです。なのでデメリットというほどのことはないでしょう。

2021年頃から始まったプラットフォームですので、常にアップデートしていくのを見ながらサービスを見届けていきましょう。

 

MetaMartとは?登録方法やウォレットについて具体的に解説していきますのまとめ。

ってことで今回の記事ではmetamartについて詳しく深堀させて頂きました。

特にNFTをこれから新規参入していこうと考えている方であれば使い方を一度知っておくのは非常に勉強にもなりますし、使い方をマスターしておくだけでも、次のスキルへと繋がります。

大多数の人がNFTを知らないからだともいえます。

 

国内取引所を作っておきましょう。

今回のmetamartに限らず、今後もNFTを使っていきたいのであれば仮想通貨取引所の口座開設をしておきましょう。

おすすめについては国内取引所のコインチェックです。

コインチェックでもNFTマーケットを利用することができます。また、国内でもあり、日本語でも対応してるため初心者はここから始めるのも十分ありです。

口座開設したら日本円を入金しておき、イーサリアムを買っておけば色んなNFTマーケットにて利用することができるからです。

1000円からでも始められますのでまずは0から1に繋げていきましょう。

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

-メタバース