NFTゲーム

nftクリエイターになるには?最短の近道について

nftクリエイターになるには?最短の近道について

よくあるあるとしてにNFTのクリエイターになりたいって人も出てきているはずでしょう。実際には既に登場していますし、数は少ないでしょうが、新しいジャンルネットワークしては決して見過ごせない程のワクワクする環境だと感じます。

そこで今回の記事ではこんなことについて説明していきます。

NFTのクリエイターになってみたい、希望している。

あるいは非常に興味があって、どうやったらなることがてきるのか、始めるための方法とか手順とか稼ぎ方についても詳しい情報を知りたいーって方向けです。

では早速結論から言いますと、NFTクリエイターは自称で名乗ることもできますし、実際に実績を残してでも、なることは可能です。いわゆる新時代、仮想通貨やブロックチェーンの技術は年々伸びていますし、新しいものが更に加速していっています。まずいきなり落ちるものでもないですし、確実に時代の流れに乗っていることでしょう。

とりあえず始めたいという場合には仮想通貨の取引所が必須です。

日本取引所のコインチェックにて口座を作り、日本円を入金してからイーサリアム5000円から1万円でも買っておき準備しましょう。

まずはスタートラインはそこからになります。

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

↓この記事の内容について↓

NFTクリエイターとは?

NFTで始めるには?作り方は?

スマホで作るには?

販売方法について。

NFTクリエイターのよいところ。

暗号通貨について勉強する。

NFTアートを購入する手順。

売れない可能性がある?

税金には気を付けるべき。

NFTクリエイターの将来性、可能性は?

nftクリエイターになるには?最短の近道についての総括。

 

 

 

NFTクリエイターとは?

まず手始めに、NFTクリエイターについてご紹介していきましょう。。

なかなか世間では馴染んでいないかもしれませんが、NFTクリエイターはデジタル世界のものになります。

ノンファンシブルトークンともいい、世界にひとつだけの作品といっても過言ではないでしょう。

近年では日本から始めている人も多数存在していますが、海外の方ではもっと盛んです。

それこそ当たり前のように取引されているので、日本で有名になるのも時間の問題なのではと感じる人も多いことでしょう。なぜなら外国で流行っていることは後々日本で流行しやすいからです。

しかも、今の日本ではITに対する知識も少ない、わからないという人が結構多いです。そんな中でも市場に入ることで先行して利益を得ることだって出来るのです。

NFTは更にジャンルを広げていくと、土地だとか、ゲームのアイテムやら、キャラクターの取引所、絵、アート、音楽などいろんな幅広いものが登場しています。

メタバース上で土地を購入して、値上がりしたところを売却するなど、ネット内の不動産みたいなことだって可能なのです。

トレーディングカードも聞いたことはあると思いますが、

世界にひとつしかないカードもNFTとして販売もできるのです。

レアリティーが高いものはもちろん高値がつきます。

アイテムに限らずですが、一日に億を越える取引も出てきています。世界中で行われているため、投資している人のマネー流出量もかなり大きいです。

どうしても入手したいコレクターがいるくらいですから、ネット上ではかなり熱い市場にて盛り上がっています。

でも、疑問に思われるのは、果たして改ざんとか、複製、または、パクられてしまうことはないのだろうか‥という話です。

 

パクられてしまったらそりゃたまらないですよね。

 

NFTでは作者によって委ねられています。強いていうならばちゃんとした刻みがあるということ。

自分だけのブランドを作る意味でもnftは画期的なところがあるはずです。

 

 

 

NFTで始めるには?作り方は?

NFTを始めていくには率直な意見としては、

ゲームなり、アートなり、専用の場所公式サイトにて登録していくことになります。

事前に仮想通貨の取引所を作っておきましょう。

仮想通貨の取引所を作成していく理由→そもそもNFTが購入することができないから。

 

コインチェックの日本取引所にて口座を作成し、イーサリアムを購入するところまでやっておけば比較的操作もスムーズになります。

なるべく一番最初に作っておかないとなにもできないですし、時間がめちゃくちゃ掛かってしまいます。なので事前操作として、まだの方は早めに作っておくことをおすすめします。

その後はコインチェックやら、openseaといったところで販売することが可能です。発行するにはイーサリアムが必須になりますので、コインチェックは早めに作りましょう。

 

NFTの取引にも使われている場所ですので、初心者の方は必要になることでしょう。

 

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

スマホで作るには?

できればpCとかあった方が便利ですが、なくても一応問題はないです。自分でデジタルデーターを作成するとか、

NFTの市場に出回っている作品からヒントを得て、こんなものが売れそうだなっていうデーターを販売していけばよいです。

スマートフォンでも時間が掛かるかもしれませんが、決して無理な環境ではありません。

中にはスマホで屈して上手に作れる人もいることでしょう。

 

販売方法について。

販売していくには

Openseaかコインチェックがあれば十分です。

とにかく取引が毎日のように盛んですので、眺めているだけでも十分面白いことでしょう。

とてもうまい人は、一日で数万円以上利益を出している人もいるのです。

それだけ価値が高い、あるいは可能性があると伝えておきたいです。

 

NFTクリエイターのよいところ。

既によいところとしては中間による区間がないことです、売上からほとんどは自分の手元に残ります。

20%とか30%とか取られることがありませんので、利益率にしてみたらかなりのものじゃかいでしょうか。

また、2次流通にも、使うことができるのでうまくいけば更なる売上も確保できます。イメージでいったらフランチャイズチェーンみたいな感覚です。違うかもしれませんが、あなたのデジタルアートを他の人が使ってくれるとかみたいなものです。

 

 

 

暗号通貨について勉強する。

情報をインプットさせていくにあたって、必ず暗号通貨の知識は頭にいれておきましょう。

ビットコインやイーサリアム、リップルといったメインコインとかアルトコインなど、様々な種類の仮想通貨が登場しています。

どれも将来性に兼ねた状況にて発行されているので未来を見ていく意味もこめて、理解していかなくてはなりません。

そのために、一度仮想通貨を少額からでもいいから買ってみるとか、勉強する時間を確保していくとか、多少は行動するなり思いきったことをする必要があります。

もう既にNFTは特別なものではないことに気づかなくてはなりません。

 

 

NFTアートを購入する手順。

コインチェックやopenseaなどでイーサリアムを利用して購入することが可能です。

その際にはコインチェックは事前に口座を作っていないと意味がありません。

口座開設には無料で出来るので、まだの場合は今のうちに作っておくべきでしょう。

あとから思い立った所で時間がかかってしまいます。

審査とかもありますので、、すぐには口座を作れないと理解しておくべきです。

 

 

 

売れない可能性がある?

これもまたひとつの体験としてになりますが、いざ出品したとしてすぐに売れていくわけではありません。ある程度はコツがありますし、マーケットを読む能力も必要ですね。

マーケティングを一から10まで学んでいく必要もあります。勿論、絶対ではありませんが、ひとつのマーケットを捉えるのであれば、なるべく最短距離で走る理由を考えるべきです。

どうしたら売れるようになるのか、その道筋をめんどくさいからといってそっぽ向くのではなくて諦めずPDCAを回しまくって自分だけの独自の方法を開拓していく必要があります。

みんなが出来てしまったら意味がないのでnftはあくまでも世界にひとつしかないという意味合いを込めて、デジタルコンテンツを作成していくべきです。

最初の一週間は売れなくても、何かがきっかけで半端ない売上に繋がることだってあります。可能性は決してゼロではありません。1ヶ月、もしくは一年という長い期間で通してみてから結果を探るべきです。

 

 

売れたあとにするべきこと。

売れた後には更なるデジタル作品を作っていくとか、販売して利益に繋げていくなどです。

やり方は多数あるので自分だけの方法を探しだしていきましょう。

 

税金には気を付けるべき。

NFTクリエイターとして参入していったとして、事業が波にのり、うまく儲かったとしましょう。念願の100万達成ーとなったとしても、払わなくてはならないのが税金になります。

稼げば稼ぐほど、日本では税金に重くのしかかってきます。それも嫌というほどに激しいです。

NFTやら仮想通貨も、そうなのですが、取引によって利益を得たのであれば税金を支払う必要があります。

仮想通貨などは副業、雑所得扱いとなることでしょう。

NFTについても売却をした時に利益が出たのであれば確定申告をしなくてはありません。サラリーマンであれば年間20万円越えてきたらする必要があります。

ですが、クリエイターとして始めたばかりなのであれば、すぐに売却をすることはないでしょう。

利益が年間20万円越えていない限りは問題ありません。

仮に損益の計算がめんどくさい、分かりにくいのであれば追々税理士などに相談していけばokです。

 

 

NFTクリエイターの将来性、可能性は?

実をいうならNFTプレイヤー、クリエイターは未だに始まったばかりです。

SNSでいうとTwitterやFacebook、インスタグラム、ユーチューブみたいな新しいプラットフォームにて参入している人の中でも有名な方たちは同じように早い時期から始めています。

ってことはNFTもなるべく一番先に先頭に立って領地を獲得していく人こそ、時代の流れに乗っかれるのではないでしょうか。

 

nftクリエイターになるには?最短の近道についての総括。

今回の記事ではnftクリエイターになる方法の、記事でした。

ぜひとも、参考にしていってください。

NFTをするなら国内の取引所を開設しておきましょう。

コインチェックなら、キャンペーンもしていることがあるので合わせて活用していきましょう。

詳しくはこちらにて解説しています!→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーンはこちら→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

-NFTゲーム