NFT

nft 無断転載があったときの対策方法や対処について

nft 無断転載があったときの対処方法や対策について

NTFでの取引とか保管をしていくなかで、無断転載とかされているのを見つけてしまった、あるいは発見してしまったんだけど、一体どうすればいいのかわからない。この悩みに関する解決方法について詳しく知りたい。あるいはなんとかしたい。

ってことで結論からするならば、スルーするか、あるいは対処しなくてはならないことになります。

デザインにもよるのでしょうが、無断転載されやすい色合いにしないとかの工夫が必要です。何よりも一番楽なのは事前にサインを施しておくということです。

一度手の入れ込んだサインを消していく作業は無断転載をしたい人にはなかなか都合が悪くて後処理がめんどくさくなります。

そういった観点でも、サインを入れておくのはとても重要な項目になります。

 

初心者必見!投資とか、NFT、仮想通貨を始めるなら国内の取引所を開設する必要があります。

コインチェックなら利用者も多いですので、安全に利用することができます。時にはお得なキャンペーンもやっていたり、他の仮想通貨も購入できるのでとても便利!

時間がかかるので初めての方は予め口座を作りイーサリアムを購入しておきましょう!

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

 

nft 無断転載があったときの対処方法や対策について

とかいいつつも無断転載をされてしまった時には相手に連絡するのも一つの手ですが、たった一つのことだけに時間を費やすのは労力も要りますし、何よりもそこで解決するかどうかすらわかりません。

なので個人的にはそんな時間を作るのであれば、さっさとnftの対策をして次に繋げておくのが良いかなと考えられます。

その方法としては画像内にサインといった文字をあらかじめ入れておくことです。そうすることで、他の絵をパクりにくくなりますし、転売もされなくなります。

自分だけのオリジナルアートとして試行錯誤していけば全く問題はないことになります。

またせっかくかいていったデザインが盗まれてしまい、パクられてしまったりするのであれば、今後は書いたオリジナル作品を早めに売りに出していくとか、転載禁止といったことを書いておくなどして早め早めの対策を練っておく必要があります。

正直な話、無断転載というのはどこからどこまでという基準についても明確な情報はわからなかったりします。

例えばですが、他人から、この人のnftアートは無断で使っちゃダメでしょうーと言及されたときに、所有権を持つ人がどうぞ使ってくださいと第三者からの答えが出ているのであれば、それはそれでokであったりします。

画像とかですと、販売とかの営利目的、利益に対しての目的であれば怪しい感じはありますが、

個人の範囲内として楽しむのであれば別にそこまで慎むものでもないよねー?で話が解決することもあります。

なのでその著作を持つ人が声を出さない限りは何にも影響がなかったりします。

ってことで、改めて基準とかは緩かったり厳しいものであったりと、深追いをするのであればかなり曖昧であり、明確な答えは出せません。

 

nft 無断転載があったときの対処方法や対策についての総評。

ということで今回の記事内容としてはnftの無断転載についての対策でした。

まだの方は是非対策をして今後の環境として安心して利用できるようにしていきましょう。

 

初心者必見!投資とか、NFT、仮想通貨を始めるなら国内の取引所を開設する必要があります。

コインチェックなら利用者も多いですので、安全に利用することができます。時にはお得なキャンペーンもやっていたり、他の仮想通貨も購入できるのでとても便利!

時間がかかるので初めての方は予め口座を作りイーサリアムを購入しておきましょう!

詳しくはこちらにて→コインチェック口座開設方法と初心者向けでもわかるやり方

コインチェックのキャンペーン→コインチェック口座開設入金で1,500円相当のBTCが全員もらえるキャンペーン開催中!

 

-NFT